2017年06月04日

石川、吉村組、48年ぶり金! フルセット奇跡の大逆転、2大会連続決勝で号泣V

いしかわ.jpgいしかわ.jpgいしかわ.jpgいしかわ.jpgいしかわ.jpgいしかわ.jpg

混合複同一ペアで58年ぶりの2大会連続決勝で歴史的快挙…石川絶叫「アンビリバボーです!」

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、混合ダブルスの決勝で石川佳純(全農)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)組が、陳建安、鄭怡静(台湾)組にフルセットの末に4-3で大逆転勝ち。2大会連続決勝で、同種目48年ぶり金メダルの歴史的快挙を成し遂げた。

 旋風ニッポンに「涙の金メダル」がもたらされた。石川、吉村組が奇跡の大逆転で、ついに悲願を達成した。

 死闘だった。第1セットを8-11で先取され、続く第2セットも打ち合いで8-11。第3セットこそ11-8で奪い返したが、第4セットはデュースの末に10-12。しかし、日本卓球界が誇る男女は、諦めなかった。

 第5セットを11-4で奪うと、第6セットは11-9。一気に流れをたぐり寄せた。最後は勢いそのままに11-5でものにし、怒涛の3セット連続奪取。大逆転金メダルを獲得した。

 場内インタビューに応えた石川は「アンビリバボーです!」と涙ながらに絶叫。吉村も「アイムソーハッピー!」と叫んだ。石川は「前回、決勝で負けたので、必ず金メダルを獲るんだと思って準備してきた」と振り返り、吉村も「前回、決勝で負けてすごく悔しかったので、リベンジするつもりで、チャレンジャーの気持ちでやりました」と歓喜に浸った。

 準決勝も大逆転勝ちだった。この日行われたセミファイナル、方博(中国)、ペトリサ・ソルヤ(ドイツ)組に11-13、12-14、11-5、6-11、11-5、11-7、11-5と2セット先行されながら、最後は大接戦の末に勝利。勢いに乗って運命の決勝に立ち、そのまま世界の頂点まで駆け抜けた。

 リベンジを達成した。2015年の蘇州大会は、決勝で許キン(中国)と梁夏銀(韓国)組にストレート負けを喫した。今大会もペアを変えることなく挑み、決勝進出。それは、同一ペアでは58年ぶりとなる2大会連続の快挙だった。

 そして、つかんだ栄冠。2年前のリベンジに挑んだ石川、吉村組は、世界一美しい涙を流した。

【石川・吉村組の今大会成績】

1回戦 4-0 アレクサンドル・ハーニン、トリゴロス・ダリア(ともにベラルーシ)
2回戦 4-2 カンテロ、シャオ・マリア(ともにスペイン)
3回戦 4-1 パク・シンヒョク、リ・ヒョンシム(ともに北朝鮮)
準々 4-1 李相秀、梁夏銀(ともに韓国)
準決 4-3 方博(中国)、ペトリサ・ソルヤ(ドイツ)
決勝 4-3 陳建安、鄭怡静(ともに台湾)

2017年6月3日 23時23分
THE ANSWER


posted by 芸能エンタメ和夏 at 02:16 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

“イボマー”が語るイ・ボミに心を鷲掴みにされる理由

ibomi.jpgibomi.jpgibomi.jpgibomi.jpgibomi.jpgibomi.jpg

2015年12月29日 6時0分
女性自身

日本初参戦前は垢抜けなくて、ちょっぴり太めがご愛嬌だったイ・ボミ(27歳)。だが、勝利を重ねていくうちに洗練した美女に変身。やはり自信は人を輝かせるのだろう。同時におじさんファンが急増中だ。40代“イボマー”であり、コレクターで有名な高岡浩二さんが語る。

「ボミちゃんは挨拶すると『どこから来てくれたんですか?』と必ず聞く。すると、次に会ったときは『高岡さん、今日も神戸から来てくれてありがとうございます』と挨拶してくれる。この時点で心を鷲掴みにされている(笑)」

2015年、日本でフル参戦を果たした彼女は、年末年始を、故郷・韓国で過ごす。ひとときの休息後、1月上旬から2月下旬までは、取材シャットアウトで長期のアメリカ合宿に入るという。

さて、ここで“イボマー”にはちょっと気になる情報が。

「2016年の最大の目標は、亡父の悲願だったリオ五輪出場。ただ韓国勢は層が厚く、世界トップ10に6人がランクイン。ボミは現在、韓国で8番手の世界15位。代表は2016年7月11日時点の世界ランクで決まり、各国4名まで出場できるが、厳しい立場には変わりない。そのため2016年前半は、ポイントの高い海外の出場が増えるだろう」(ゴルフ記者)

とはいえ、日本ツアーに参戦しないわけではない。例年どおり、3月第一週目、沖縄での「ダイキンオーキッド」が日本初お目見えとなる予定だ。

沖縄からリオへ。はじける笑顔を南国の地で見てみたい。

(FLASH 2016年1月5・12日号)
posted by 芸能エンタメ和夏 at 13:46 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

浜口京子がリオ五輪断念 全日本選手権欠場…37歳の決断をブログで明かす

hamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpghamaguti.jpg

2015年12月15日 22時15分
デイリースポーツ

レスリングの04年アテネ五輪女子72キロ級銅メダリスト・浜口京子(37)が15日、自身のブログを更新し、21日開幕の全日本選手権(東京・代々木競技場第2体育館)を欠場することを決めたと明かした。大会欠場は、4大会連続となる16年リオデジャネイロ五輪出場が断たれることにつながり、一線から退く意向を示した。

 浜口は「本日は御報告がございます」の書き出しで「只今37歳。決断しました。レスリングと共に過ごした22年間。あっという間でした。そして今。あえて立ち止まってみます。全日本選手権大会を欠場致します」と、重大な決断を明かした。

 昨年から自身の出場する最重量級が72キロから75キロ級に変更となり、体重増量に苦労。昨秋の仁川アジア大会以来1年ぶりの復帰戦となった10月の全日本女子オープン選手権75キロ級で優勝し「一年ぶりに試合に挑むプレッシャーの中追い込んだ練習と体重増量を精一杯行い試合で闘い終えたとき充実感にあふれた」といい、家族も「京子の選ぶ道を応援する」と理解してくれているという。

 一線からは退くものの「私の元気の素。生き甲斐をもらっているレスリング。これからも練習を続けてレスリングの道を追い求めていきますので、正直、引退の言葉は私の中で見つかりません」と、競技から離れることはないと説明。「再び試合に出場出来るときが訪ればその際も今まで試合に挑んできたように納得のいくまでコンデイションを整えチャレンジさせて戴きます。経験したことのない新しい経験もレスリングと同じくらいに大切に。人生を一歩一歩踏みしめて歩んでいきたいと思います」とつづった。


posted by 芸能エンタメ和夏 at 23:17 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

【磐田】昇格へジェイ強行出場も

j.jpgj.jpgj.jpgj.jpgj.jpgj.jpgj.jpgj.jpg

スポーツ報知11月14日(土)8時2分


今節にも昇格が決まるJ2ジュビロ磐田が13日、横浜C戦(14日午後2時・ヤマハ)に向け最終調整を行った。左足ふくらはぎの違和感で前節欠場し、別メニュー調整が続いたFWジェイ(33)は大一番前日に部分合流。名波浩監督(42)は「最後まで粘るよ」とJ2得点王独走中の点取り屋起用に意欲を見せた。

 他の選手と一緒に走ってボールを蹴る。ようやくエースがチーム練習に帰ってきた。途中から全体練習を外れたが「球回しを見ててよかった。動きを見ても違和感はない」と指揮官。本人も「よくはなってきている。出られるんであれば出たい」と言い切った。

 2位・磐田が勝って3位・福岡が引き分け以下なら自動昇格が決定する。しかも今季最後のホームゲーム。「シーズンで1番のビッグマッチと言っても間違いない」とジェイ。だからこそ急ピッチで調整を進めてきた。

 今季徹底マークを受けながらも31試合20得点。本調子でなくても、ピッチにいるだけで圧倒的な存在感を放つ。プレミアリーグ、セリエAと海外トップリーグで戦った経験も重圧のかかる試合でこそ真価が発揮されるはず。「チームメートを助けたい」強行スタメンかスーパーサブか欠場か。その回復具合が試合の鍵を握る。(下河原 基弘)
posted by 芸能エンタメ和夏 at 16:17 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

亀田興毅引退で幻に終わった東京ドーム計画

titi.jpgtiti.jpgtiti.jpgtiti.jpg

2015年10月20日 13時0分
THE PAGE

元3階級王者、亀田興毅(28)が米国・シカゴでWBA世界Sフライ級王者、河野公平(34、ワタナベ)に挑戦、0−3の判定で敗れた。WBA世界Sフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)が「まさか、あんなスタイルで臨むとは予想しなかった。倒せると思ったのだろう」と、驚かせるような好戦的なスタイルで1ラウンドから立ち向かったが、ローブローによる2回の減点。2ラウンドには、強烈な右ストレートを食らってダウンを喫すなど、乱打戦に強い河野ペースで試合が運んだ。途中、エキサイトしてラフなファイトを繰り返す両選手に業を煮やしたレフェリーが試合を止めて立会人と協議。

 「次やったら、その時点で試合を止める。クリーンにファイトしろ!」と警告する異例の事態もあった。最後まで、亀田らしい波乱含みの試合となったが、両目を腫らし、足元がフラフラになりながらも、亀田は、リング中央で足を止めて殴りあった。

 試合前は「ガードを固めてポイントアウトをされる危険性があった。5分5分と思っていた」(内山)「サウスポーは苦手だし、4−6で河野さんが不利だと思っていた」(WBA世界ライトフライ級王者、田口良一)という予想されていた試合が逆の展開になったのは、「亀田が前に出てきたから河野のパンチが当たった」(内山)というのも理由のひとつ。アウトボクシングが領域の亀田が珍しくインファイトを仕掛けた結果、河野の得意な展開になったのは皮肉だった。試合後、亀田は引退を表明したが、その決意が11か月ぶりのブランクを感じさせない激闘につながったのだろう。

 元WBO世界バンタム級王者の3男、和毅(24)は、米国で9月にWBA世界バンタム級王者のジェームス・マクドネル(英国)とダイレクトリマッチで挑戦したが、不運なダウンを取られるなど判定で敗れ、元2階級王者の次男、大毅(26)も、国内のライセンス剥奪の原因となった2013年12月のWBA、IBF世界Sフライ級王座統一戦以来の再起戦で敗れ無冠状態。ギネスブックに掲載された史上初の3兄弟世界王者を達成した亀田3兄弟も、長男・興毅の引退で、ひとつの亀田時代に終焉を告げることになった。

 父の史郎氏と、天下茶屋の喫茶店で一日、話をしたのが懐かしい。
「ボロボロになって辞めていくボクサーをたくさん見ている。だからパンチを打たせたくない。ガードを固めるディフェンス重視のスタイルにさせているのは、そのためや」

 そして興毅の引退にもついても語っていた。
「引退も早いほうがええ。結婚せずにとことんやらせる。一度限界がくるから。そこで結婚してもう一花を咲かせる。4階級制覇をやって、財産をしっかりと作って20代で引退してええんとちゃうか。次の人生の方が長いんねんから引き際は綺麗にや。そのためには負けたらあかん。無敗のまま引退するのが理想やろうな」

 亀田3兄弟は、尊敬している父の意見を、実によく聞く。
 その話どこかで聞いた……という話があると、それは、ほとんど父の意見の受け売りだった。4階級制覇は実現できなかったが、まだ大阪を拠点にしていた時代に語っていた父が描いたようなボクシング人生を興毅は送り、そして父の言葉通り20代で、12年間のボクシング人生を終えてグローブをつるした。だが、ひとつだけ誤算があるとすれば、ボクシング界からはじきだされてしまったことだろう。

 実は、父の史郎氏には、壮大なる夢プランがあった。
 兄弟3人によるトリプル世界戦を含む、国内の世界チャンピオン一同を大晦日に東京ドームに集め、過去最大のボクシングイベントを開くプランだ。

「各テレビ局が、自分らが契約している選手の枠だけを交互に放映してもらい、試合はドーム一箇所でファンに楽しんでもらえばどうやろうか。和毅と山中の統一戦も組み込めばええよ」
興毅の怪我や、国内ライセンスを剥奪されたことも手伝って、3兄弟のトリプル世界戦もタイミングが合わずについに実現できなかった。もし実現していれば、マイク・タイソン以来となる東京ドーム興行である。

 亀田3兄弟は、ボクシングの歴史に間違いなく1ページを刻んだ。TBSのプロモーション戦略と、興毅のビッグマウスが合致。大阪の下町、天下茶屋で育った3兄弟の凄まじいバックボーンと、父・史郎氏の強烈なキャラクターが、テレビにうってつけのストーリーとなり、その父が考えるピンポンボール投げや、ヤリの先にグローブをつけた手製の器具などを使った様々な特訓風景が流され、ボクシングに興味のなかった一般視聴者をも巻き込み、亀田ブームを起こした。長男に続き、ボクシングスタイルも性格も違う次男の大毅も登場。試合後にリングで美声を響かせ歌を披露するなどの話題も提供し視聴率は次々に驚異的な数字を叩き出した。

 ボクシングのチャンピオンの名前は知らないけれど亀田なら知っている
 そういう人が巷に増えた。元WBC世界バンタム級王者、辰吉丈一郎が登場して以来の衝撃だった。だが、亀田3兄弟と辰吉が決定的に違ったのは、ボクシングそのものの魅力をリング上で伝えることができなかったこと。むしろ、ボクシングを見たことのなかった人々は、彼らのボクシングを見て首をひねった。

 2008年に興毅がファン・ランダエタ(ベネズエラ)と戦ったWBA世界ライトフライ級王座決定戦では、ダウンを喫しながらも、タイトルを奪い「疑惑の判定」と叩かれた。たとえダウンを食らっても、ポイントを重ねて逆転することはよくあることだが、初めてボクシングを見る人には伝わりにくかった。コアなファンは、ランキング下位の組みやすい相手を選ぶマッチメイクや、指名試合を避けて階級転向していく様にしらけた。 特に日本人との対決を避けたことにアンチ亀田の声が強くなった。

 ある意味、アンチが増えるのは、スターの証明だが、亀田ブームの空気が変わり始めた狭間に、次男・大毅が、内藤大助の持つWBC世界フライ級王座に挑戦。試合中に抱えて投げるなどプロレスまがいの反則行為を繰り返したあげくに完敗。皮肉にも、亀田ブームを作り出したTBSが、インターバル中に拾った音声に「肘で目を狙え」などの父の反則指示が全国放送に乗った。父は、セコンドライセンスの無期限停止、大毅は1年のライセンス試合停止処分となり、風は一気に逆風、亀田バッシングに変わった。

 興毅は、弟の仇を討ち、内藤大助に判定勝利して、WBC世界フライ級王座を奪取、2階級制覇に成功したが、次のポンサクレック(タイ)との指名試合で判定で敗れ、試合後、史郎氏が、控え室でJBCの当時の事務局長を恫喝する行為を行うなどして永久追放となった。

 亀田3兄弟時代が終焉に近づいていく極めつけが、2013年末の大毅のIBF、WBAの世界Sフライ級の王座統一戦における一連の問題によって、国内ライセンスの更新を認められず事実上、国内リングから追放された事件だった。興毅も大毅も国内で試合が組めずにボクサーとして重要な1年以上の時間を無駄にしてしまった。

 時間経過は前後するが、興毅の日本人初となる3階級制覇の偉業達成も評価されなかった。2010年にWBA世界バンタム級の王座決定戦で、3階級制覇に成功したが、相手はかつては、日本人キラーとして名を馳せていたが、引退を繰り返しとっくにピークを過ぎていた5位のアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)。2位の興毅と5位との王座決定戦もわかりにくかったし、専門誌は、どこも表紙で取り上げなかった。

 この頃から「亀田のやっている同じボクシングと思われるのが恥ずかしい」という声がボクシング関係者の間から聞こえるようになってきた。興毅は2012年12月に暫定王者のウーゴ・ルイス(メキシコ)と大阪で王座統一戦を行ったが、その際、メキシコから成田空港に着いたルイスを疲れさせるため、長距離バスで大阪まで移動させようとして関係者に止められるなど、裏では“とんでも行動”を起こしていた。試合は、僅差の判定勝利。振り返ってみると、興毅のキャリア全35戦のうち、まともな相手は、内藤大助、ポンサクレック、ルイス、河野の4人だけだろう。結果は、2勝2敗ですべて判定。「亀田とKOはセット」が、キャッチフレーズだったが、本来のスタイルは、ガードを固め、サウスポーの利点を活かした出入りのボクシングでポイントを稼ぐアウトボクサーだった。

そのスタイルが何も悪いわけではない。WBC世界Sフライ級王者だった徳山昌守などは、そのスタイルを徹底して磨き、本物のプロとして地位を築いた。しかし、亀田の場合は、そのボクシングスタイルと、派手な発言に大きなギャップが生まれ、バッシングの要因にもなった。

 ある意味、アメリカンなエンターテイメントスタイルだったのかもしれないが、河野戦の試合前も含め、最後まで、その亀田流パフォーマンスは好意的には受け入れられなかった。イチローや錦織、最近では五郎丸が滲み出させる一流のアスリート特有の“品格”が、興毅、大毅にはなかった。アスリートの“品格”を作り出すもののひとつは、正々堂々と競技と対峙するスポーツマンシップである。プロスポーツだから、ファンを楽しませる破天荒のキャラは必要だと思う。だが、そこにもギリギリ守るべき一線はある。

 亀田3兄弟の不幸は、それぞれが親離れを果たして自らを律し主体性を持てなかったことだろう。自立することなく、逆に強烈なバッシングの嵐にさらされたせいで、ますます“親兄弟以外は信じられない”と内側に籠もった。高いレベルでのボクシング経験のない史郎氏以外に、ボクシング理論も、人間性も含め、信頼して師事するようなトレーナーを持てなかったことも視野を狭くした。家族の絆は強まったが、他の価値観を受け入れることができず、成長、進化が止まった。史郎氏も、親が子を指導することの限界を感じており、“亀田家の最終兵器”と名づけた三男の和毅は、単身メキシコへの修行へ出した。和毅が他の2人と少しボクシングスタイルの趣が違うのはそのせいだと思う。

 興毅は、すでに都内で飲食店経営に参加するなど、実業家としての一歩を踏み出しているが、今後は、実業家と同時に、冷却期間を置いて亀田ジムの新会長として後身の育成と共に国内ライセンスの資格回復を目指していくことになりそうだ。賛否両論があるにしても間違いなくボクシング界に一石を投じる亀田時代を作った興毅が、これから突き進むセカンドキャリア。まだ、そのボクシング人生を語るのは、早すぎる気がする。

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)
posted by 芸能エンタメ和夏 at 15:47 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

イチロー「自己中」と批判を浴びる

イチロー金字塔!メジャー殿堂入りへ孤高な戦い続く
2010年09月24日17時00分 / 提供:ZAKZAK(夕刊フジ)

マリナーズのイチロー外野手(36)が23日(日本時間24日)、カナダのトロントで行われたブルージェイズ戦で、自身が持つ大リーグ記録を更新する10年連続200安打の偉業を達成した。史上最多安打記録を持つピート・ローズ(レッズなど)がマークした200安打の通算最多回数、10度にも並んだ。記録まであと2本としていたイチローは3回の第2打席で左翼線へ二塁打、5回の第3打席でも中前へ運び、新人だった2001年から続くシーズン200安打の大台に乗せた。

 すっかり秋めいたトロント。3回の第2打席で199本目となる左翼線二塁打を放ったイチローは5回1死一塁で迎えた第3打席の初球、88マイルの直球をセンターに弾き返して200本目。塁上で両軍選手、1万2590人のファンの万雷の拍手に、ヘルメットを持ち上げて応えた。ライフワークになった200安打達成に安堵の表情だった。

 昨季、ウィリー・キーラーの8年連続を108年ぶりに更新する9年連続200安打の最長記録を達成、一息ついたはずだった。「今後も目標だと思うけれど、ずいぶん気楽なものになる」とややハードルを緩めに設定してシーズンに臨んだ。始まってみれば身に染み込んだ習性のように200安打を追い求めた。

 通算最多の4256安打を放ったローズ氏の10回に並ぶまでの歩みは決して平坦ではなかった。4月(33安打)、5月(37安打)、6月(35安打)と順調だったが、7月(29安打)と、得意なはずのシーズン中盤に成績を伸ばせなかった。

 優勝候補と呼び声の高かったチームも、球宴前に失速してペナントレースから脱落。張り合いを失ったシーズンの中、結局例年のように自己記録と戦う一人旅となった。36歳というベテランの年齢に入り、なかなか調子が上がらないことから10年連続の快挙達成を危ぶむ声も上がったほどだ。

 しかし、8月(35安打)に復調し、9月に入ってからは200安打達成のこの日まで31安打。尻上がりに調子を上げた。152試合目での200安打達成は例年よりやや遅い達成だった。

 中盤の不振を助けたのは“伝家の宝刀”内野安打。イチローの内野安打は、安打全体の4分の1程度と普段から高比率だが、今季は200安打中55本とさらに高い割合を占める。今季41盗塁と脚力は健在で、不調で当たりが悪くても、ボテボテの内野安打が増えて安打数は減らない。

 四球を選ばず、打率よりも安打数を重ねることを重視する独自のスタイルは、“自己中心的”と米国で批判を浴びたこともある。また、長打が少なく、単打で安打を重ねる打撃を、数字ほど評価しない米専門家もいる。

 また、安打記録を伸ばす度に日米通算記録の扱いも議論になる。この日の200本目の安打は、日米通算にすると、3508安打(日本1278安打、米国2230安打)に当たる。

 当のローズ氏も、イチローの記録に批判的だ。

 「日本の野球を悪く言うつもりはないが、基本的には3Aレベルだ。内野安打が多く、世界一幸運な男だ」などと皮肉混じりに評している。

 9月18日のレンジャーズ戦で日米通算3500安打に到達したイチローは、自ら祝福の球場内演出を辞退した。無用な議論を避け、200安打達成に集中するためだった。

 その一方で、イチローの積み重ねた安打の重みは年々全米に浸透していることも確かだ。3500安打を参考ながら通算安打数として報道した米メディアもあった。

 米野球殿堂に推す声も日増しに大きくなり、米テレビ局の行ったアンケート調査では、「イチローの殿堂入りは当然」とするファンの声がほとんどだった。

 米大リーグで3500安打以上を記録しているのは、歴代最多の4256安打のローズ氏を含め5人しかいない。このままのペースで打ち続けると、まず来季、200安打でローズ氏を上回る11度目を達成する。あと4年弱でローズ氏の最多安打も追い抜くことになる。

 そのとき、全米がイチローをどう評価するだろうか。

 ■イチロー(本名・鈴木一朗=すずき・いちろう) 愛知・愛工大名電高時代は投手として甲子園大会出場。1992年にオリックスに入団し、94年にプロ野球初のシーズン200安打。2000年まで7年連続首位打者。マリナーズ1年目の01年に242安打を放って首位打者と盗塁王を獲得し、MVPと新人王に輝いた。2度目の首位打者となった04年は262安打を放ち、大リーグのシーズン最多安打記録を更新。09年は張本勲の日本プロ野球記録、3085安打を日米通算で抜き、大リーグ2000安打、前人未到の9年連続200安打を達成した。オールスター戦には10年連続で出場。右投げ左打ち。36歳。愛知県出身。

posted by 芸能エンタメ和夏 at 16:21 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

巨人坂本の被害にあう女子アナが続出

あの人が口説きまくり…日テレ女子アナ“被害者”続出
2010年08月04日17時00分 / 提供:ZAKZAK(夕刊フジ)

思い切りのいい打撃で、すっかり巨人の切り込み隊長に定着した坂本勇人内野手(21)。日に日に増す存在感に警戒を強めているのは、他球団だけではない!?

 同じ読売グループで、東京・汐留にある日本テレビのアナウンスルームでは、坂本に「口説かれた」という女子アナウンサーたちが、スタッフらと苦笑混じりにささやき合っているという。

 日テレ関係者は「今年に入って、スポーツ番組を担当している森麻季(29)や、昨年の写真誌のスキャンダル以来、独り身の夏目三久(25)あたりが、酒の席などで口説かれたと聞いています」と具体名を明かす。

 ただし、「坂本はまだ若いし、(女子アナ側は)あまりまともに取り合わないというか…。うまくいったという話は聞きませんね」(同)。

 坂本は開幕から打撃好調だったが、7月の月間打率は・202に落ち込んだ。よもや心の乱れが、打撃を狂わせたわけではあるまいが…。

 巨人の選手と日テレ女子アナによる“グループ内交際”といえば、最近では幹部候補の高橋由伸外野手(35)と小野寺麻衣アナ(34)が2006年に結婚した。一方で宮崎宣子アナ(30)は、巨人の投手と交際中に初勝利のウイニングボールをもらったが、破局後に捨てたと番組内で暴露されている。

 また、新人の長野久義外野手(25)は入団前の昨年12月、テレビ朝日の下平さやかアナ(37)との熱愛が、写真付きで女性誌に報じられ、話題を呼んだ。

 ご多分に漏れず、坂本も女子アナには興味津々の様子。とはいえ、今の巨人で最も女性ファンを球場に呼べる旬の選手は、球団の財産でもある。打撃のように「思い切っていけ」と、選手に任せる“グリーンライト”の指示は出せないだろう。

posted by 芸能エンタメ和夏 at 16:54 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

松井秀「手が付けられない状態に」

松井秀 突然のバカ当たり6戦4発は何が原因か
2010年07月29日17時00分 / 提供:ゲンダイネット

●打席での対応とロスの気候

 のんびり屋のゴジラの尻に、ようやく火がついた。後半戦に入ってもさっぱり打てなかったエンゼルスの松井秀が、ここ6試合で4本塁打のバカ当たりだ。

 この日のレッドソックス戦は5番・DHでスタメン出場。1打席目はカットファストボールに詰まって左翼前方への飛球。ハーミダが目測を誤って後逸する間に、松井は二塁へ。左翼手に失策が記録された。

 本人は好調の理由に関して「打席での対応がよくなってきた」と話している。際どいコースの球は見送るか、ファウルでカット。甘く入ってきた失投を逃さず、仕留められるようになったということだ。

 本人によれば好不調のバロメーターは「ボールをしっかり見極められるかどうか」だという。調子がよいときはボールが手元にくる以前、投手寄りにある時点で見極めることができる。打つにしても見送るにしても、その分、余裕をもって始動できる。しかし、不調のときは打者寄り、つまり自分の手元にくるまでどんな球なのか判断がつかない。したがって始動も遅れるし、対応もできない。打席でボールを見送るとき、バタバタと慌てて見えるのは調子が悪い証拠だ。なぜ、そうなるのか、本人も理由が分からないケースは多いそうだが、いまはそれだけボールがよく見えているということだ。

 気候も味方した。松井は巨人にいたころから、夏場に強かった。07年に13本塁打を放って月間MVPを獲得したのも7月だった。代謝が活発になると、体のキレも出て結果につながるタイプなのだ。本拠地のロサンゼルスは気候が温暖だが、球宴前までは朝晩冷え込む日もあった。気温が落ち着いてきたのは球宴あたりから。本格的な夏場に向かう今後、体調はますます上向き、バットも振れてくるに違いない。

 精神的な要因も見逃せない。

 エンゼルスはゲレーロに代わる新たなDHとして松井を獲得。そのゲレーロは移籍先のレンジャーズで3割9厘、20本塁打、76打点(26日現在)と打ちまくって首位を走るチームの牽引車となっている。

 一方の松井は不調をかこったままだ。ソーシア監督が「ヒデキは若手のいい手本になっている」なんて言うのはメディア用の社交辞令。フロントも首脳陣も地元メディアも、いつになっても調子の上がらない松井に業を煮やし、ライバルチームに移籍したかつての主砲を複雑な心境で見ていた。

●崖っぷちの本人に危機感

 球宴休みがあったにもかかわらず、球宴明けの2試合で無安打が続くと3戦目にはスタメンを外された。左腕相手だったとはいえ、いかに信用されていなかったかが分かる。本人も自分がアテにされていないという空気はもちろん感じていた。レンジャーズとの差は広がるばかり。チームはカンフル剤として、ロイヤルズで5番を打っていたカラスポをトレードで獲得。新たなエースとしてヘーレンを獲得したばかりか、さらに「野手をもうひとり取る方向で動いている」(リーギンスGM)という。

 すでに36歳。うかうかしていればこのオフは、エンゼルスとの再契約どころか、他球団からのオファーも期待できない。がけっぷちに追い込まれた松井が、ようやく目を覚ましたということだ。

 松井は好不調の波が激しい。スランプも長いが、打ち出したときは当分の間、手が付けられない状態が続く。ファンはしばらく、松井の本塁打を楽しめそうだ。

(日刊ゲンダイ2010年7月28日掲載)
posted by 芸能エンタメ和夏 at 20:13 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

岡田監督のパンティー報道に波紋

TBSアッコにおまかせ「岡田監督パンティー着用」報道に勇気を得る人多数?
2010年07月05日15時19分 / 提供:非モテタイムズ

岡田監督は、「メンツ」以上に「パンツ」を大切にする監督なのかもしれない。

あるテレビ番組にて、ワールドカップ日本代表サッカーチームの岡田監督が若かりし頃、パンティーをはいてサッカーをしていたことが報じられて、論議を読んでいる。

報道したのは7月4日のTBS「アッコにおまかせ」。大学時代の岡田監督の写真(画像)とイラスト(画像)を用いて伝えた。

その後のネット上の反応は以下の通り。

「高校の恩師も、女パンティーでサッカーやってたとさ。」

「当時にサポーターが無くて1番良かったのが女性用の下着だったって水沼か木村和司が言ってたな 若手が買いに行かされるとも」

「岡ちゃんの世代のサッカープレイヤーは、多分みんなやってるよ。 」

と、岡田氏がパンティーをはいていたことを裏付け、擁護する意見が続出。

どうやら、パンティーは個人的なフェティシズムを満たすものではなく、サポーターの代わりに使われていたようだ。当たり前のようにサポーターを着用している世代は現代の目覚ましい技術の進歩に感謝しなくてはいけないだろう。

また、TBSの報道姿勢に対する批判ともとれる意見もちらほら見られた。

「なんで日本をベスト16導いたのに恥ずかしい過去さらされるの?鬼なの?」

「おいおい、視聴率がっつり稼がせて貰っといてこのお礼はねーよ」

初めてワールドカップの監督に就任した際の岡田監督は、国中からの批判に「日本にはいられない」と思ったそうだ。今回のパンティー着用報道くらいはへっちゃらかもしれない。

また、パンティーをはいていた岡田監督に抱くポジティブなイメージも多数寄せられている。

「かわいい岡チャンw」

「この顔でパンティー履いて大阪有数の進学校で今のプロレベルくらいのサッカーしてたんだぜ」

「誰が後の日本代表監督と予想し得たんだろうな」

と、岡田監督の信念をたたえていた。

気になるのはスポーツ選手と「勝負パンツ」の関係だ。

6月29日、「気になる岡田武史監督のゲン担ぎ、メガネ、パンツ? | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」が岡田監督と「勝負パンツ」の関係を伝えている。

スポーツ紙などの報道によれば、スポーツ界の友人である瀬古利彦・東京都教育委員、富山英明・日本レスリング協会強化委員長らが連名でゲン担ぎのためにパンツを贈呈したそうだ。

どうやら南アフリカに旅立つ前のエピソードのよう。彼等の世代はとことん勝負にこだわる姿勢は見習うべきだろう。

少しでもいいプレーをしたいと願ってパンティーを着用していた往年の名選手たち。彼等のハングリー精神が、「パングリー精神」あるいは、「侍ジャパンティー」と呼ばれ、新しい世代に受け継がれることを願ってやみません。

モテない我々も、彼らに勇気をもらって、小さなプライドをかなぐり捨てて頑張りたいところだ。

(メガネ王)

(参考リンク)
ネトウヨにゅーす。 : 岡田監督、高校時代は女性用パンティーをはいてサッカー。「フィット感が絶妙」
気になる岡田武史監督のゲン担ぎ、メガネ、パンツ? | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) |

メガネ王
インターネット歴約1年。テレビやラジオの構成作家を経て、非モテタイムズの編集長をしています。月間1000万PV&恋愛系ニュースサイト界の東スポさんを目指しています。
ツイッターもしています。ぜひ皆様の声をお寄せ下さい。
http://twitter.com/meganeou

posted by 芸能エンタメ和夏 at 16:08 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

本田と紅の豚”完全に一致”で話題

本田選手のサングラス姿、「紅の豚」ソックリと話題に
2010年07月04日06時00分 / 提供:非モテタイムズ

7月1日、W杯南ア大会からサッカーの日本代表選手が帰国したが、その際の本田選手のサングラス姿は多くの人の印象に残ったのではないだろうか。

なぜ本田選手がサングラスをかけたかは諸説あるが、奇しくもその姿が、あるアニメ映画の主人公に完全に一致したとツイッター上で話題になっていた。

本田選手と、「完全に一致」したと騒がれていたのは、テレビで放送されたばかりの映画、「紅の豚」の主人公マルコ氏。「飛ばない豚は、ただの豚だ」と言うセリフが有名だ。

本田選手とマルコさんは、サングラスが一致していることもさながら、その金髪も見事に一致。どちらも口が減らないヒーローだということで、ツイッター上でも様々な反応が見られた。

「ジブリがトレスをしていたとは・・・・(笑)」
「飛ばねえジャブラニはただのビーチボールだ」
「本田△もこれにあわせてキめてきたなw」

ただ、一部では、本田選手には渋みが足りない、と言う意見も見られたようだ。

しかし、本田選手はまだ24歳。SMAP×SMAPのビストロスマップ出演800万円のギャラを断ったと話題になったことで、一躍その硬派ぶりが多くの人に広まり始めているもよう。彼が、マルコのような渋さを身につけるのも遠い日ではないだろう。

そんな、本田選手の奇抜なファッションも、非モテは見習うべきなのかもしれない。

(メガネ王)

(画像は以下のサイトからのスクリーンショットです)
完全に一致 on Twitpic

(参考リンク)
完全に一致 on Twitpic
暇人\(^o^)/速報 : 【本田】飯食うだけでギャラ600万円 → 「だが断る」SMAP×SMAP出演を拒否 – ライブドアブログ

メガネ王
インターネット歴約1年。テレビやラジオの構成作家を経て、非モテタイムズの編集長をしています。月間1000万PV&恋愛系ニュースサイト界の東スポさんを目指しています。

ツイッターもしています。ぜひ皆様の声をお寄せ下さい。
http://twitter.com/meganeou

posted by 芸能エンタメ和夏 at 16:46 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

国民の関心が一気に高まった"悲運の男"

【サッカーW杯】誰も責めやしない悲運の男・駒野
2010年06月30日09時50分 / 提供:YUCASEE MEDIA (ゆかしメディア)

サッカーW杯の決勝トーナメントで、日本代表は29日、パラグアイ代表を相手に善戦したものの、PK(5−3)で敗れ日本史上初のベスト8進出はならなかった。そのPKを外したDF駒野友一選手が、検索キーワードで1位になるなど国民の関心が高くなっている。ファンは悲運の男の4年後の捲土重来を期待していることだろう。

 日本はMF松井大輔選手の「ドライブシュート」、MF本田圭佑選手の「カミソリシュート」など惜しい場面や、GK川島永嗣選手の好セーブなどで応戦。延長戦でも勝負がつかずに
PK戦へ。3人目の駒野選手が蹴ったPKは、無情にもバーに弾かれた。日本代表の夢は断たれてしまった。

 30日未明のグーグルの検索ワード急上昇ランキング1位は「駒野」。ユーザーは苗字だけで検索している。「友一」という名前を知らなかったのか、あまりの悔しさに苗字しか打つ余裕がなかったのかは不明。とにかく、駒野という選手のことが気になって仕方がなかったということだろう。

 2003年8月、左膝前十字じん帯断裂し手術。その1週間後に、謎の腹痛に。エコノミークラス症候群と診断され緊急手術へ。一命を取り留めた。だが、駒野選手は自身の命よりも、リハビリが遅れたことの方を悔しがっていたのだという。だが、翌2004年には、アテネ五輪のケガが基で視野が失われていき一時は失明の危機に陥ったが、それも手術で乗り越えた。まさに不屈の男だ。

 試合後は無言でミックスゾーンを通り過ぎた駒野選手。悔しさと申し訳なさが入り混じっているのだろうか。日本代表でも屈指の運動量とクロスを誇るこのDFがいなければ1次リーグで敗退していた可能性もある。

 現在28歳。気持ちの整理がつけば本人は4年後のリベンジを考えるかもしれない。次期代表に選出される可能性は現段階ではわからないが、日本のファンは4年後の駒野選手の雄姿を期待していることだろう。泣くな!駒野。
posted by 芸能エンタメ和夏 at 17:09 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

「日本は韓国サッカーのマネをした」

<W杯>日本代表、変化の秘密=韓国サッカーをマネて一気に強化―韓国メディア
2010年06月27日19時49分 / 提供:Record China

2010年6月25日、韓国スポーツメディア・スポーツコリアは記事「わずか1か月で『大変化した』日本サッカー=その原因とは?」を掲載した。韓国に続き、グループリーグを果たした日本代表の秘密を探っている。新浪網が伝えた。

5月24日、韓国との親善試合に0対2と完敗したサムライ・ブルー。ところが本大会が始まると、別人のような強さを発揮した。わずか1か月の間に日本代表には何が起きたのか。

第一に日本代表が「自分たちを理解したこと」。岡田武史監督言うところの「ハエがたかるような」守備に代表される、組織力こそが日本の技術力の欠如を補う唯一の方法だと理解している。また弱者が強者に打ち勝つための戦術も磨いてきた。デンマーク戦の勝利を導いたフリーキックがその好例だ。

日本人の特徴といえば、臆面もなく他人を模倣すること。相手の欠点も「反面教師」として吸収する。日本対カメルーン戦のゴールは相手のミスにつけこんだギリシャ戦のパク・チソンのゴールから学んだものだ。またゴールキーパーを楢崎正剛から川島永嗣に変更し、日本社会には合わない本田圭佑を起用したのも、変化を恐れない韓国人のやり方を学んだものだろう。

そして岡田監督の逆転の発想も勝利の要因となった。デンマーク戦では引き分けでグループリーグ突破が実現するだけに、誰もが守備的に試合を進めると予想してきた。ところが岡田監督は攻撃に全力をあげるよう指示していた。その試合で先制ゴールとなった本田圭佑のフリーキック。本田は「ゴールキーパーが移動する方向は予想通りだった。だから逆を狙った」と話している。これもまた逆転の発想だろう。(翻訳・編集/KT)

posted by 芸能エンタメ和夏 at 15:01 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

表に出ていない亀田和毅の問題

宙に浮く亀田三兄弟の行方──「史郎のコピー」三男・和毅が新たな火種に!?
2010年04月11日08時00分 / 提供:日刊サイゾー

暴言騒動を起こした亀田史郎氏らがボクシング界から永久追放されることが、ほぼ確実視されるなか、三兄弟の行く末について関係者の間に懸念の声が出ている。というのも、今回の騒動で「現場で騒ぎを煽っていた」といわれる三男の和毅(ともき)が、なぜか処分の対象とならなかったからだ。

亀田ジムに除名などの厳しい処分が出た場合、三兄弟が日本のリングで活動を続けるためには「移籍するしかない」のだが、三男の性格だけは「オヤジをそのまま小さくした感じで、どうしようもない」と評判で、たとえ、どこかのジムが引き受けても「必ずまた問題を起こすだろう」と、早くも恐れられているのだ。

3月27日に長男の興毅がポンサクレックに王座を奪われた直後に起こった史郎氏の暴言騒動。判定に不服を唱えた史郎氏は、控え室でJBC(日本ボクシングコミッション)の安河内剛事務局長らを「クビとったるぞ、コラ!」などと恫喝した。

その現場にいた関係者が、こう証言する。

「そのとき、一緒にいた亀田ジムの五十嵐会長は、史郎氏を止めるどころか、自分も抗議に加担したとして、今回、厳しい処分を受けることになった。あのとき、三男の和毅も父親を煽るように騒いでいた」

和毅もライセンスを受けたプロボクサーである。本来ならば、何らかの処分を受けてもおかしくないはずだ。

ところが、東日本ボクシング協会やWBCに提出されたJBC作成の報告書には、「和毅に関する記述はなかった。なので、6日の協会の緊急理事会で三男について話は出なかった」(協会幹部)という。

7日のJBCの倫理委員会でも、和毅が騒動に加担していたことは議題にならなかった。

前出の協会幹部は、「まぁ、父親とジム会長のライセンスを取り消したり、ジムを除名するというレベルの話になっていたので、あえて未成年でもある三男の暴走をとがめるまでもないということなのだろう」と状況を分析する。

とはいえ、和毅については、あまり表に出ていないが、これまでも様々な問題を起している。

たとえば、2月7日に次男の大毅が前王者のデンカオセーン(タイ)に判定勝ちしてWBAフライ級王座を獲得したが、その前日の公開計量後、三男の和毅が、デンカオセーンに詰め寄ってメンチを切り、スペイン語で暴言を浴びせたことで、現場はあわや大乱闘という状況になっていた。

タイ陣営の関係者は、「日本語ではない言葉で、何をいったのか正確には分からない。だが、ひどい挑発や罵倒をしたのは分かった。なので王者が怒って前に出ようとしたので、周囲があわてて両者の間に入って止めた」というのだ。

今回の暴言騒動をめぐっても、JBCは「兄弟に責任はない」として、移籍をすれば日本で活動できる余地を残した。

実際、長男の興毅と次男の大毅は、かつては暴言を売り物としていたが、最近はそれもなく、成長した様子が伺える。

27日の試合に負けた興毅は、リング上で四方のファンに頭を下げる潔さを見せていたほか、試合後の騒ぎの際も無言を通していた。さらに最近は、自分の無知を認識してか、「高校に行って勉強したい」と語るなど、社会の常識を学ぼうという姿勢が見えている。

また2月7日に勝った大毅も、自分が三兄弟のなかで、もっともボクシングの才能がないと言われていたことを認識したうえで、「こんな自分がチャンピオンになれると思っていなかった」と語るなど、殊勝な態度を見せていた。

協会関係者は「あの2人は、かつてのひどいバッシングを受けたこともあり、いまだにオヤジの指示には逆らえないが、少しは成長しているのだと思う」とみている。

ところが、三男の和毅は、ボクサーとしての潜在的な才能こそ「三兄弟のなかで一番」(協会幹部)という評価が定着しているものの、中学さえもきちっと卒業しないまま、メキシコに武者修行に出されしまい、反則騒動も当事者の意識がない。

posted by 芸能エンタメ和夏 at 15:32 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

やっぱり星野仙一“リストラの危機”

やっぱり星野仙一“リストラの危機”
2008年12月08日10時00分 / 提供:ゲンダイネット
 いよいよ日本中を落胆、失望させたツケが回ってきたということか。星野仙一氏(阪神シニアディレクター)の、「リストラ危機」が囁かれ始めている。といっても、阪神のSD職ではない。自身が不定期で出演しているテレビ番組を降板させられる可能性が浮上してきたのだ。

 星野氏は現在日本テレビ系列で放送されているニュース番組「NEWS ZERO」に不定期で出演。球界の動きに合わせ、番組内で自らの持論を展開している。ところが、現場の評判はイマイチ。上層部を含めた関係者の間では今や「星野不要論」が巻き起こっているというのだ。その理由を日テレ関係者はこう指摘する。

「通常、番組のゲストはスタッフが日時、テーマなどの要望を出して、出演してもらいます。ところが、星野さんは自分から出演する日時を要求してくるのです。番組のゲスト出演は調整が非常に難しいもの。ゲストそれぞれの都合がありますからね。しかし、星野さんはそうしたことをわかってないのか、自分の日程を優先する。しかも、この不景気のご時世で各局ともに番組の経費削減が叫ばれている中、星野さんの1回の出演料は100万円前後と破格の待遇です。金額に見合う話をしてくれればいいのですが、星野さんの意見はほとんど抽象的なことばかり。このため上層部は『ギャラも高いし、星野さんはもう必要ないんじゃないか』という話になっているようなのです。実際現場レベルでは今後も起用するならギャラを下げることをすでに検討しているのですが、星野さんが受け入れるとは思えませんからね」

●高いギャラに見合わない

 WBCの監督になっていれば、その需要は高かったはず。ギャラに見合う価値はあったのかもしれない。だが、北京五輪の惨敗でアテが外れ、WBC監督には巨人の原監督が就任。もはや、組閣も決まった段階で星野氏を日テレが「囲っておく」理由がなくなったのだろう。となれば、リストラは必然的な流れといえる。

 そんな状況を知ってか知らでか、星野氏は今月も前もって日テレ側に出演日時を要求。すでに関係者を通じ「12月10日前後と19日前後をあけておけ」と指示があったという。

 今さら星野氏に語られても何も得るものはない、というのが周囲の本音。「裸の王様」が番組から消えるのも時間の問題だろう。

(日刊ゲンダイ2008年12月5日掲載)


実権よこせ!ラモス常務クビ覚悟の要求
2008年12月08日06時01分 / 提供:スポニチ

 東京Vのラモス瑠偉常務取締役(51)が、クビを覚悟で名門復活に乗り出す。8日に行われる取締役と強化本部の来季へ向けた緊急会議の席で、自身の権限拡大を含むフロント刷新を要求。立場が危うくなるにもかかわらず、チームを根底から変える不退転の決意を固めた。

 昨季は監督としてチームをJ1に導いたが、6日の川崎F戦に敗れ、わずか1年でのJ2再降格が決定。主力を含む大量11人がリストラされた上に来季以降のビジョンも不透明で、クラブは存続の危機に立たされている。ラモス常務はその背景に、親会社の日本テレビ出身でサッカーは素人の萩原社長、小湊常務らが強化・編成を決定してきたことにあると指摘。「やっぱりヴェルディを愛してて、サッカーを知ってる人間がフロントに入らないと無理。それはオレと柱谷だ」と断言した。8日の緊急会議では、辞任を覚悟している柱谷哲二監督(44)のフロント入りを提案した上で、常務という肩書ながら「飾りものだった」と告白した自身についても、編成権などチーム強化にかかわる権利を要求する見込みだ。

 「今のやり方じゃ、ヴェルディを嫌いな人が増えてしまう。オレはヴェルディのために血も涙も流してきた。恩返しがしたい」とラモス常務。6日の試合後、サポーターの前で「ヴェルディは絶対になくなりません!もう一度皆さんの力を貸してください!」と涙で訴えた柱谷監督とのタッグで、愛するチームを立て直す。


【Sports Watch】北島仰天発言 “オリンピックしか燃えない”
2008年12月08日07時50分 / 提供:Sports Watch
2004年のアテネ五輪&2008年の北京五輪では、男子競泳100m&200m平泳ぎで2大会連続となる金メダルを獲得した北島康介。いまや国民的英雄となった北島が、7日放送のフジテレビ系列スポーツバラエティ番組「ジャンクSPORTS」に初登場。「北島康介、明言連発スペシャル」と題し、飛び込みの寺内健やバタフライの山本貴司、シンクロの青木愛ら水泳界のトップアスリート達とともに出演を果たした。

番組の冒頭、内田恭子アナウンサーから「オリンピックの緊張感は好きですか?」と聞かれた北島は「大好きです」と言い切り、「オリンピックしか燃えないですね」と続けた。

これには司会の浜田雅功も「言うねぇ〜」と笑うしかなかったが、北島の仰天発言はさらに続いた。北京五輪でのハプニングを聞かれれば、「僕、すごい向こうで人気で、大人気なんですよ。選手村で食堂に行った時、マックがあるんですよ。その時に、中国の作っている人達が皆寄ってきちゃって、全部のレジがストップしちゃった。そんくらい人気でした」と自信満々に語った。

また、トークの後半では、バタフライの山本が「(北島は)どこでも着替えるんですよ。こんだけ有名になったら、色んなカメラが狙ってるじゃないですか?会場でもタオルがなかったら、Tシャツ使って前だけ隠してやるじゃないですか?“お尻撮られたらどうすんだ?”って、メチャメチャ気を使いますよ」と明かすと、北島は「どこでも脱げるんですよ。タオルがない時は、Tシャツ伸ばして履く」とアッサリ。それでも、番組の最後には「水泳界、本当に面白い選手がいますので、これからもレベルの高い成績をこれからも残していくと思うんですけど、その期待に応えられるように選手皆頑張っていきます」と真面目に語り、締めくくった。
[スポーツウォッチ]


マー君早くも白旗、年俸「ダウンでしょう」…楽天
2008年12月08日08時15分 / 提供:スポーツ報知
 楽天・田中将大投手(20)が7日、仙台市のKスタ宮城室内練習場での「オロナミンC野球教室」に参加後、26日に予定される契約更改について言及し、早くも白旗宣言が飛び出した。

 「今年は無理。ダウンでしょう」11勝7敗、防御率3・82で新人王に輝いた昨年は年俸6000万円。今年は9勝7敗1セーブ、防御率3・49に終わったが、北京でも日本代表として奮闘した。五輪中にペナントを離れ、日の丸を背負ったことを考慮すれば、球団のアップ査定は揺るがない。それでも投球フォームなどで試行錯誤し、理想とのギャップに悩んだ。

 夢の1億円到達にも「来年頑張れば」と言葉少な。来年は3年目。高卒ルーキーが4年目までに年俸1億円に到達したのは過去、松坂とダルビッシュだけだ。史上3人目となる可能性は十分ある。野心は胸中に秘め、一歩ずつ球界のエースにのし上がる。



古閑、連続賞金女王へ正月返上
2008年12月08日09時17分 / 提供:デイリースポーツ
 日韓女子プロゴルフ対抗戦・ピンクスカップは7日、韓国・済州島のピンクスGCで行われる予定だったが、積雪のため前日に続いて中止となり、9ホールのエキシビションマッチが行われた。日本代表として出場した古閑美保(26)=キリンビバレッジ=は2年連続賞金女王がかかる来季へ向けて、正月返上で練習に励むことを明かした。
  ◇  ◇
 「後にも先にも、こんな経験ないですよ」。大雪の中でのエキシビションを振り返った古閑だが、目は早くも来季へ向けられている。今季、初の賞金女王に輝き、師匠の清元登子コーチからは「1度取ったら、2度は取りなさい」とハッパをかけられた。古閑は「今年以上の勝ち星を挙げたい」と今季4勝を上回る5勝以上を目標に掲げた。
 ノルマ達成のためにも今オフは休まない。「(正月は)ないです。どれだけ練習するかにかかってますから」と、プロになって初めて正月返上で練習することを決めた。さらに1月上旬からは今年に続いて米ロサンゼルスで3週間にわたってトレーニングを行う予定だ。「来年、ガクンと成績が落ちたら恥ずかしい」。2年連続賞金女王を見据え、練習漬けのオフを送る。

続きを読む
posted by 芸能エンタメ和夏 at 21:39 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

大相撲九州場所

<大相撲九州場所>白鵬、安馬との優勝決定戦制して3連覇
11月23日17時47分配信 毎日新聞


 大相撲九州場所(福岡国際センター)は千秋楽の23日、ともに2敗で迎えた関脇の安馬と横綱の白鵬がいずれも勝って優勝決定戦に。白鵬が上手投げで勝ち、3場所連続9回目の優勝を飾った。

 ■白鵬(はくほう、東横綱)本名・ムンフバト・ダバジャルガル。モンゴル・ウランバートル市出身。23歳。宮城野部屋。01年春場所初土俵。192センチ、154キロ。


続きを読む
posted by 芸能エンタメ和夏 at 19:33 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

母国・韓国でもついにバッシング

母国・韓国でもついにバッシング…李、あるか逆転弾
11月18日17時1分配信 夕刊フジ



拡大写真

今季は「最悪の1年」となった李承ヨプ。重圧から解放された?(写真:夕刊フジ)

 プロ14年目の今季を「野球を始めて以来最悪の1年」と振り返った巨人・李承ヨプ内野手(32)。母国・韓国ではタブーだったはずの批判も出始め、“商品価値”も下がっている。アジアの大砲の逆襲はあるのか。

 年俸6億円は日本球界最高額。だが4年契約2年目の今季、李はレギュラーシーズンの大半を2軍で過ごし、1軍ではわずか45試合出場で打率.248、8本塁打、27打点に終わった。

 日本シリーズでも18打数2安打12三振と振るわず、渡辺恒雄球団会長も「何で一度(スタメンを)降ろした李をまた使うのか」と李の起用を敗因にあげた。

 11日に帰国した李が、金浦空港で行った会見も悲壮感に満ちていた。

 「日本シリーズで負けた原因が、自分であることはよく分かっている。西武に翻弄(ほんろう)された」「準備が足りなかった。体を100%作れなかった自分の責任だ」「野球を始めて以来、最悪の1年だった。2軍にいる時間が長く、応援してくれる人たちに申し訳ない」

 8月の北京五輪では金メダルに貢献したが、来春の第2回WBCには「今の状態で出ても、さらに恥をかくだけ」と辞退を表明している。

 韓国紙記者は「辞退は仕方ないと思う。韓国でも『WBCで活躍してメジャー挑戦だ』と考えている人はもういない。しっかりキャンプで鍛えて、巨人で残り2年間、悔いのないよう過ごしてほしい」と理解を示す。

 韓国では国民的英雄の李にバッシングはご法度とされてきたが、「墜落した国民打者」(中央日報)と書かれるなど、流れは変わりつつある。

 一方、李には韓国ウォンを運んでくる役割も期待されてきた。読売グループの日本テレビは、韓国メディアから巨人戦の放映権料を得ている。

 韓国のスポーツチャンネルでは今季も連日、巨人戦を生中継。だがすでに国民的英雄の地位から落ちた李の不調が視聴者に与えた影響は、意外に少なかったようだ。

 日テレの久保伸太郎社長は「李承ヨプ選手が2軍にいる間も、向こうのチャンネル占有率はそう変わらなかったと聞いています。巨人戦そのものを楽しんでいただいている。内海選手や金刃選手は非常に人気があるそうですよ」と明かす。

 この「最悪の1年」が、これまで背負ってきたさまざまな重圧を解き放ってくれたと、李がプラスにとらえれば…。ようやく巨人の一選手として臨める来季こそ、アジアの大砲の真価が問われる。


posted by 芸能エンタメ和夏 at 22:34 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。