2015年12月23日

森会長の発言なければ…落選のB案「伊東さんは気の毒な気がする」 森会長の発言なければ…落選のB案「伊東さんは気の毒な気がする」 森会長の発言なければ…落選のB案「伊東さんは気の毒な気がする」

mori.jpg

2015年12月23日 7時53分
スポニチアネックス

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新たな国立競技場の建設計画を担う設計・施工業者の選定で、政府は22日、応募2案から大成建設などと建築家の隈研吾氏(61)が手掛けたA案の採用を決めた。「外見だけならB案」などと“B推し”を表明していた大会組織委の森喜朗会長は「今回選定された新国立競技場の事業者提案には、コーツ委員長をはじめIOCおよび東京2020組織委員会がこれまで強く要望してきた竣工(しゅんこう)時期の前倒しが反映されており、政府をはじめ、関係者のご尽力に感謝申し上げます」とコメントを発表した。

 社会評論家の小沢遼子氏は「B案に決まったら“森会長が言っていたから、やっぱりB案になった”と言われてしまうと、選考に当たった人も考えたはず」と指摘。発言がなかったらB案になっていた可能性もあったとし、「伊東(豊雄)さんは気の毒な気がする」と話した。「多大な影響力があると噂されている人が、2つの案が出た直後にどっちがいいというのは、あまりに不見識」とした。


スポンサードリンク
posted by 芸能エンタメ和夏 at 10:50 | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。