2015年10月25日

ゲッ…ぶどうも危険?「赤ちゃんにあげてはいけない」食べ物5つ

akacyann.jpg

2015年10月24日 9時0分
WooRis(ウーリス



可愛い赤ちゃんも生後半年を過ぎる頃から、離乳食を始める子も多いのではないでしょうか。そして慣れてくると、赤ちゃんも少しずついろいろな物を食べられるようになります。

中には大人と同じようなものを好む子もいれば、好き嫌いが多い子など様々いるでしょう。

しかし実は、特に月齢の小さな赤ちゃんにあげてはいけない食べ物があるのをご存知ですか? しかも、意外な物が多く、ついついチェック漏れしてしまっている可能性もあります。

そこで今回は、海外の子どもを持つ親向けの情報サイト『Parents』などの記事を参考に、“赤ちゃんにあげてはいけない食べ物5つ”を紹介します。



■1:卵

卵も1歳を過ぎてから少しずつ様子を見ながらあげた方が良いと言われています。あまり小さいうちにあげてしまうと、アレルギー反応が出てしまう可能性があります。

卵アレルギーのお子さんも多いといいます、あまり早いうちからあげない方が良いようです。



■2:ぶどう

こちらはアレルギーや拒否反応というよりは、喉に詰まらせてしまう可能性があるので、赤ちゃんには避けた方が良いでしょう。

大人でもたまにあるかもしれませんが、喉にツルッと入っていってしまう可能性があるのです。赤ちゃんは、まだまだ食道も細いので、こうしたもので詰まってしまう可能性があるからです。



■3:お茶やチョコレートなど(カフェインを含む食品)

赤ちゃんにカフェインを摂らせてはいけません。カフェインを摂ると興奮して、いつまでも寝なくなってしまうかもしれません。

例えば、赤ちゃんにコーヒーをあげることはないと思いますが、お茶や紅茶、ココアやチョコレートにもカフェインが含まれています。

こうした物、ついうっかりあげてしまうこともあるかもしれません。覚えておいてください。



■4:はちみつ

1歳未満の赤ちゃんには、はちみつに含まれているボツリヌス菌は大変危険です。こちらも甘いから、という理由で、良かれと思って赤ちゃんにあげてしまうこともあるかもしれません。

たまに聞くのは、ママはこうした情報を知っているので、赤ちゃんにはちみつをあげることはないと思いますが、留守番中に何も知らないパパがあげてしまうことがあるようです。注意しましょう!



■5:牛乳

特に1歳未満の赤ちゃんには、まだあげないでください。一瞬、母乳と似ていると感じてしまうかもしれませんが、もちろん母乳とは完全に別物です。

お腹を壊してしまったり、湿疹ができてしまったりすることもあります。



以上、“赤ちゃんにあげてはいけない物5つ”でしたがいかがだったでしょうか?

うっかりでは済まないこともありますし、ママだけではなく周りの人も知っていないとダメなこともありますから、周りの人、特にパパには徹底しておきましょう。





スポンサードリンク
posted by 芸能エンタメ和夏 at 10:28 | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。